読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nagahama Seminar's blog

長崎県立大学の長濱ゼミのブログです。各年度のHPは、右側のリンクに整理されています。ゼミ活動に関心のある方は、ご参照ください。

九州大学田北ゼミ・県立大長濱ゼミ 西洋経済史共同研究会

12月13日は、本学佐世保校で、

九州大学の田北ゼミと私のゼミで合同の勉強会を行いました。

 

報告論題は以下の通りです。

 1. 石原 駿(長崎県立大学MC1年)「ハワイ観光開発における制度環境」

 2.日高 卓朗(大阪大学MC1年)

  「20世紀初頭のアメリカ南西部における水資源開発―開墾局を中心に―」(仮)

 3.張 ミョウ(九州大学DC3年)

  「20世紀前半ロサンゼルス周辺の石油開発と環境。地域社会問題―史料調査の帰朝報告―」

 4.高橋 裕悠(九州大学DC3年)

 「17世紀後半の西アフリカにおける信用供与:英国王立アフリカ会社と人的担保」

 5.渡邊 裕一(PD特別研究員)「森林政策におけるリスク最小化―紛争、災害、供給危機」(仮)

 6.長濱 幸一(長崎県立大学)

 「世紀末プラハ商工会議所管区の景況感―1897年聞き取り調査の成果を基に―」

 7.田北 廣道(九州大学)

 「ドイツ化学企業の立地選択と認可闘争:1891年ダール会社の場合」

 

森本先生から続く、参加者全員報告の伝統で

10時から18時半までの長時間の勉強会でしたが、

大変刺激的な報告が多く、勉強になりました。

遠方からおいでいただいた皆さんには感謝申し上げます。

f:id:nagahamasemi:20141213172348j:plain